IMG_0009


こんにちは、

今回は、
『一流の料理人になるためにブラック企業で働くべき』

を僕の実体験をもとに書きたいと思います。





このタイトルを見て、
『絶対ありえない』、『こんなの嘘だ』

と思った人もいるでしょう。

でも実際、
料理人だけではないかもしれないが、
一流の料理人を目指す人はブラック企業で働くべきです。

ただ、
意味ははきちがえて欲しくない、
少なくとも始めの就職先『修行中』はということです。



はじめて働く店の重要性


はじめて働く店というのは、
本当に重要です。

仕事の仕方、仕事への姿勢、上下関係の築き方、仕事のクオリティ

すべてにおいて、
その人の中の『スタンダード』を形成されるからです。



ブラック企業はブラック企業でも?

ブラック企業で働くべきとは言ったものの、
全てのブラック企業ではありません。

いわゆる、
『質』の良いブラック企業です。

しっかりと教育してくれて何にでもチャレンジ出来るような、
かつ、
しっかりとした技術力のある店を選ぶ必要があります。

例えば、ミシュランの星のついた街場のレストランなどです。




ホテルか街場のレストランどちらが良い?


たしかにホテルの方が待遇が良い。

休暇もしっかりしているし、
労働環境が整備されていることが、街場のレストランよりもよっぽどよくある。

ただ、
技術を身につけるには、
少し物足りないような気がする。

だいたい、
ホテルはセントラルキッチンとレストランが分離しているため、
仕込み、盛り付け、魚などの切り物など、
全てを覚えようとしてもなかなか一気にはいかない。
数年ごとのポジション移動などで、
徐々に覚えていくと言う感じです。

一方、
街場のレストランは、
ほとんどの店が、
小規模の店舗で少人数の従業員で回す。

長時間労働、休日は定休日のみなんてことは日常茶飯事。
自分のポジションの替えがいないから多少体調不良でも休むことも出来ない。

ただ、
おのずと出来る仕事も多くなるし、
技術力も前者のそれとは比べものにならなくなる。

例えて言うなら、
ホテルは、
狭く深く学び

街場のレストランは、

広く深く学ぶ場所となる。

ただ、
ホテルは
ホワイト企業が多いし

街場のレストランは
ブラック企業が多い




ブラック企業から違う店に移動する



一通りレストランで技術を習得したら、
 より良い待遇の会社やポジションを探すべきです。

やはり、
一生ブラック企業で働いていても
資金力的にも店を開業も出来ないですし、

まず体がもたない。

そこで、
高待遇のポジションを探す。

この時点ですでに、
能力的に他の人と差別化出来ているのでかなり人生をショートカット出来ている。



実際僕も、
質の良いブラック企業で働いていたおかげで、
23歳でオーストラリアで、
マネージャー
24歳で料理長になる事ができました。

なってからがまた大変なのですがww




転職後の注意点



ただ転職に成功しても気をつけないといけないことがあります。

それは部下(周り)への対応です。

 ブラック企業で働いていると、
不思議とそのハードな環境に慣れてくる。

そのブラック企業体質のまま部下や周りに同じことを求めてしまうことがよくある。

やはり、
ホワイト企業ならホワイト企業式の教育をしていかないと、
部下も続かないし、
自分もギャップにすごくストレスを感じてしまう。 

周りの信頼もどんどん落ちていきかねない。 

周りに無理のないレベルで、スタッフを教育し、
かつ、
自分のパフォーマンスを発揮するバランス感覚が重要です。



1万時間の法則


なぜ 長時間労働(ブラック企業)が一流になれるかは、
 科学的にも説明できます。

『イチローの本当に凄い所』でもあげたように、

人の脳というのは、
ある対象の技術に対して、
約1万時間で脳が最適化するという事が報告されています。

これを、
仕事や技術に当てはめると、
1万時間という壁をいかに早く突破できるかが鍵だという事です。




さらに10年の歳月を経る



偉大な芸術家やアーティストなど、
ほとんどの成功者が、
その分野に精通しはじめて約10年で、
有名な作品を生み出しているという事例もあります。

1万時間以上10年以上この法則が、
その分野で一流になる、
最低レベルの壁といえるでしょうね。 


最後に

 料理人というのは、
とにかく過酷です。

僕自身、
1日16時間労働、週休0.5日や

90連勤など

数々の過酷な状況を乗り越えてきました。(もちろんこんな職場は料理人でも珍しいですw)

ただ料理人は、
素晴らしい仕事だとも思うので、

ただでさえ技術習得にそれだけの時間をかけないといけないのなら、

他の業務をどうにかサポートできるシステムを作る事ができないだろうか?
と新たにプログラミングを勉強しようと決心しました。



もし料理人を志そうとしている方がいたら、
なんとしてでも応援したいと思っています。 


少しでもこの記事が、
料理人を目指そうとしている人の参考になればと思います。


以上、
『一流の料理人になるためにブラック企業で働くべき』

でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます。 

*自分自身の経験に基づく価値観なので、
業界事情は店によって多少差異ございます。